最新情報

英語のコツ

「東京オリ・パラリンピック」

IOCのバッハ会長(Chairman of IOC Mr. Thomas Bach「英語発音は(バッㇰ)」)も来日し、各国の選手団の来日も始まり、取り入った話と言えば米国のジル大統領夫人の開会式への参加の有無が話題になっ …

「CCP」

  私が就職した1979年当時、多くの日本企業は中国貿易を踏まえ対中国組織の設立と中国語(北京語)対応の人材確保に注力しておりました。 その当時の北京も上海も未だ手つかずで、日本人にとっては、安心できるホテルもレストラン …

「ドタキャン」

「土壇場でキャンセル」が語源となる正に日本語と英語が合体したユニークな言葉でありますが、日本人にとっては一般的に使られております。 英語では、「cancel at the last minute」(直前に取り止める)や「 …

「V」

英単語の発音については、元来、日本人には馴染難い部分があることを痛感せざるを得ません。 アルファベット26文字の発音ですら、日本人にとっては、未だ正確な発音が理解されているとは言い難いと考えます。先ず、代表的かつ顕著なも …

「総合商社」

随分とブログ・アップを怠っておりました。昨年冒頭に「カルロス・ゴーンの逃亡劇」と「イラン・米国の軍事衝突危機」をトップ・アイテムと取り上げて、2020年初頭はこれで世界が湧くと確信しながらも、傍ら、「中国武漢で俄かに囁か …

「バズる」

先日、とある処で耳にした中学生と思われる連中の会話で、「『バズる』って、漢字でどう書くの?」って~会話を耳に致しまして、私は「あらららら、新たな和製英語が生まれたな!」という瞬間を感じることが出来ました。 最近多くかつ頻 …

「デジタル化」

近年、我々の周囲で盛んに言われる言葉「デジタル化 (digitization)」でありますが、私個人的にこの「デジタル(digital)」という言葉を初めて実体験したのは1970年代の時計であります。 本来、時計と言う物 …

「歌謡曲」

先日、作曲家の筒美京平さんが80歳で亡くなられました。私たち世代にとっては1960年代後半から70年代・80年代の日本の歌謡曲の多くを発信した巨匠というイメージであります。と、言いますか、私たちの知る数多くの歌謡曲、グル …

「ジェンダー・ニュートラル」

ニュースで、JALが「レディース・アンド・ジェントルメン」のアナウンスメントを廃止すると聞いて、かつて、しかもかなり昔の話ですが、フランス語の「マダム・エ・ムッシュー」も含め、欧米のレディーファーストのマナーを学んだこと …

「BLM」

ここ暫く、コロナ禍の中でパンデミック・ネタも尽きてブログの更新も怠っておりましたが、今日は視点を変えて、今年5月に米ミネソタ州ミネアポリスで起こった白人警官が黒人男性を執拗な拘束によって死に至らした事件で俄かに沸き起こっ …

1 2 3 10 »
PAGETOP
Copyright © やまもと英語屋 All Rights Reserved.