最新情報

やまもと英語屋

「歌謡曲」

先日、作曲家の筒美京平さんが80歳で亡くなられました。私たち世代にとっては1960年代後半から70年代・80年代の日本の歌謡曲の多くを発信した巨匠というイメージであります。と、言いますか、私たちの知る数多くの歌謡曲、グル …

「ジェンダー・ニュートラル」

ニュースで、JALが「レディース・アンド・ジェントルメン」のアナウンスメントを廃止すると聞いて、かつて、しかもかなり昔の話ですが、フランス語の「マダム・エ・ムッシュー」も含め、欧米のレディーファーストのマナーを学んだこと …

「BLM」

ここ暫く、コロナ禍の中でパンデミック・ネタも尽きてブログの更新も怠っておりましたが、今日は視点を変えて、今年5月に米ミネソタ州ミネアポリスで起こった白人警官が黒人男性を執拗な拘束によって死に至らした事件で俄かに沸き起こっ …

「パンデミック」 ‐その4-

今年1月中頃に流行の兆候を見せた新型コロナ・ウィルス(COVIT-19)でありますが、WHOにおいては1ヶ月半以上も放置し、3月11日にようやくパンデミックの宣言をした次第であります。 この間に、中国のみならず、欧米で爆 …

「パンデミック」 -その3-

    本日4月7日、我が国政府は「緊急事態宣言(Declaration of a State of Emergency)」を発信致しました。私の居住する福岡県も対象となりました。 この「緊急事態宣言」は、2011年の東 …

「パンデミック」 -その2-

ようやくWHOが「パンデミック」を宣言し、世界各国が俄かにパンデミック対策を強烈に打ち出して来ております。欧州諸国では新型コロナウイルスを敵とした戦争と表明しております。 「戦争」の定義は、自国を守り、自国民の命を救い、 …

「ジュディ―・ガーランド(Judy)」

当方も捉えております「COVID-19(新型コロナウィルス)」の話題一色でありますが、今回は少し視点を変えてみたいと思います。 現在、TVのCMで流れております「Judy」という映画のワン・フレーズにひどく刺さったワーデ …

「パンデミック」

本日3月1日、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的感染者の発生に関しても、各国がパンデミック級対策を打ち出すも、世界保健機構(WHO)は未だ「パンデミック(Pandemic)」との声明を避けております。 歴史的 …

「逃亡者」と「報復攻撃」と「エピデミック」-その2-

前回は大悪人であるカルロス・ゴーンを、メッタメッタにやっつけちゃいましたが、彼が逃げ込んだ母国レバノンでは、現在、キリスト教社会とイスラム教社会のバランスの歪から内戦が激化しつつあるようであります。きっと、彼が日本からの …

「逃亡者」と「報復攻撃」と「エピデミック」

2020年は東京オリンピクの年で、私個人としては、NHK大河「いだてん」ロスで年を超えた感じでありましたですが、実際は、極めつけのカルロス・ゴーン逃亡劇でかつて経験のない「めまい(vertigo, dizzy)」に見舞わ …

1 2 3 9 »
PAGETOP
Copyright © やまもと英語屋 All Rights Reserved.