やっぱ~~~、オリンピックはオモシロい!!!

私は、ちょっと前に開催の中止の可能性をのたわりました(「ドタキャン」6月4日)が、去る7月23日に、無事、開催されました。日本時間20:00に始まった開会式は全世界に放映されました。(恐らく、放映権を主導するNBCを有する米国ではすこぶる早朝に観ることになったと思います)

で、開会式でありますが、正直、多くの驚きがありました。先ず、206の国家と地域が並び揃ったことであります。たぶん、世界中で不参加の国家は例の北朝鮮のみではないでしょうか。かの国はいち早くコロナを理由に不参加を表明していましたが、その頃は日本国内でも開催中止を唱える輩もあり、仮に強行開催しても100ヶ国も参加出来ないのではないか、とか言うTVコメンテーターがおりました。恐らく、アノ金正恩もそのように踏んだ訳でありましょうが、これこそ正に彼の「読み違い」で、ふたを開ければ、アフリカの小国やオセアニアやカリブの小さな島国ですら開会式に参加した訳であります。

これで明確にかの国は世界の置き去りとなったと言われても反論出来ない訳で、更に、今回注目すべきはロシアの姿勢ではないでしょうか。ロシアは「ROC(Russia Olympic Committee)」の名称で参加し、もう一つ、「台湾」の「Chinese Taipei」の名称を日本のメディアは明確に「Taiwan」と声明し行進順も「C列」ではなく「T列」としたことです。

次に注目すべきは、開会式に参列した各国首脳であります。報道によれば、12ヶ国からの首脳及び代表が来日し天皇陛下と謁見したとか・・・中でも、仏マクロン大統領とジル米大統領夫人は報道されましたが、中国は孫春蘭副首相の来日がドタキャンされたとか・・・結局、開会式のVIP席も少し淋しく、また、エキシビションも極めて地味に治められたようにも見れたのは私だけではないのでしょうか。でも、準備は万端に出来ておりました。あっぱれな東京オリンピック2020開会式でありました。