先日、とある処で耳にした中学生と思われる連中の会話で、「『バズる』って、漢字でどう書くの?」って~会話を耳に致しまして、私は「あらららら、新たな和製英語が生まれたな!」という瞬間を感じることが出来ました。

最近多くかつ頻繁に使われる「バズる」は、知る方は知るように、英単語「buzz」から来ているのであります。この単語の本来の意味は、動詞として「騒々しくする」という意味合いで、一般的には「buzzing (蝉の鳴き声)」や「I got buzzy. (飲み過ぎて酔っぱらった。)」のような使い方が普通でですが、何故か、今、日本では「バズる」の表現が流行っております。(恐らく、グローバルには通じないと思いますが・・・)

一般的に英単語で「zz」で終る他の英単語は以下のようなものがあります。

・「fizz」:「ジン・フィズ」のような泡立つ飲み物を意味します。

・「fuzz」:言葉自身は「産毛」を意味します。「fuzzy」という表現は「(目に見えない産毛のような曖昧なもの(ファジー)」を表現しますし、また「peach fuzz」と言えば「桃の表面の細かな毛」を意味し、隠語で「少女の股間の淡い陰毛」を意味します。

・「huzz」:通常「hussy(ハッシー)」で表現し、「切盛り上手のカカア、もしくは、あばずれ女」を意味します。

・「jazz」:言わずと知れた「ジャズ」であります。「jazzy」という表現もあります。

・「frizz」:「縮れる」を意味し「frizzy hair girl(縮れ毛の少女)」となります。

・「jizz」:これは隠語で「男性の精液(semen/スペルマ)」を意味します。

・「pizazz」:これも俗語で「腕力があるカッコイイ奴」を意味します。

・「razz」: 相手を「嘲笑う」意味で、「Don’t razz my ass! (馬鹿にするな!」となります。

・「scuzz」:「小汚い」を意味し、「You’re a scuzzy! 」で侮辱する言葉となります。 

・「wazz」:「小便を急ぐ」意味で、「I need piss. (I take a wizz.)」となります。

・「whizz」: 「whiz (ウォイズ)」で「(ピュー)という感じで行動する表現を現す意味合い。

・「zizz」: 「ひと眠り(うたた寝)」を意味するが、「zizzy」となれば、十分な睡眠の後の元気で派手な状態を意味します。

・「zzz」: これはマンガ等でよく目にする「睡眠中」を意味します。

という訳で、今日本人の間で頻繁に使われている「バズる」という言葉を軽く考察してみました。語源である「buzz」の本来の意味と単語の位置付けを正しく理解しなければ、また、ひとつ、グローバルな世界では全く通用しない「和製英語」が定着しそうな怖れを感じております。