昨日(2019年4月30日)、「平成最後の日(Reiwa Eve)」を過ごし、本日、新元号「令和」となり「新しい時代(New Era)」を迎えた訳であります。

新たな天皇(Emperor )と皇后(Empress)が継承され、生前退位された平成の天皇は上皇、皇后は上皇后となられました。現代社会では、シンプルに「Ex-Emperor」か、「The retired」もしくは「The grand」を冠として表現しても良いのではないかと考えますが、かつての「王政・帝政(Imperialism)」を物語る映画等で表現された呼び名が思い出されます。

上皇は「His Majesty the Emperor Emeritus」、上皇后は「Her Majesty the Empress Emerita」と称され、庶民は「Your Majesty the Emperor Emeritus(the Empress Emerita)」と呼んで傅き平伏するシーンをよく観ました。

現在では、英国王室や幾つかの王政を有する国家においては、「キング」「クイーン」はたまた「プリンス」「プリンセス」の称号が通常であり、おそらく、「エンペラー」の称号を冠するのは日本の天皇だけではないのかと考えます。その意味では、「世界の平和と安寧を祈る」と発言される日本の天皇を世界が「エンペラー」と称することに、かつての「帝政君主」を意味するイメージが払拭され日本国憲法の定める「国民の象徴」という意味でのイメージがしっかりと理解されることを、切に、願わざるを得ません。

しかしながら、今回の平成の天皇のご退任と新天皇のご承継に際して、これ程までに日本国民の感謝の感情と祝福が盛り上がるとは、かつての天皇制を巡る国民議論を経験した者には想像も出来なかったのではないでしょうか。