去る23日に「日本外国特派員協会”Foreign Correspondent’s Club of Japan(FCCJ)”」で行われました「森友学園」籠池理事長への記者会見席上で、同氏の発言の中の「忖度」という表現の英訳で記者の間で紛糾する場面がありました。

通訳にあたった記者からは、当初、”surmise(憶測)” や”conjecture(推測)” と説明され、結局、”read between the lines(行間を読む)” という英訳で落ち着いたところでしたが、記者たちの質問の「誰がその『忖度』をしたのか?」という言及には、結局、主語は現れず、「舞台裏の力 “powers at work behind the scenes”」が「忖度」の正体であろうと報じられたようであります。

事実、殆どの辞書では「忖度」の英訳を見かけません。”hypothesize (仮説を立てる)” や “suppose (推察する)” などの英訳が出てくることもありますが、やはり、少し意味合いが違うように思います。

日本語で似たような言葉で「斟酌(しんしゃく)」がありますが、こちらは英訳が容易で “consider” や “allow for” や “guess” (当教室の「ゲス・ゲーム “Guess games”」の原点です)が適切と考えます。当教室でも英語コミュニケーションの上達には「相手の斟酌が大切」とお伝えしております。発音も含め、如何に稚拙な英語で話そうとも、「あなたはこのように言いたいのね」との相手の斟酌があればコミュニケーションは成り立って行きます。

因みに、「慮る(おもんぱかる)」の英訳は “give much thought” と解りやすく、”Please kindly read between the lines.” の表現は、かつて、ビジネスでよく使いましたが、実際、相手から「忖度」を戴けたケースは極まれでした。相手に特別な配慮を求める場合の有効な表現として、”It’s on you.”(あなたのオゴリ<・・・責任で>ね。)や “Be counting on you.” (<あなたを・・・>頼りにしてますよ。)などは伝わり易いと思いますが・・・日本語も英語も簡単な表現がベストです!