花粉症の時期となりました。英語では “hay fever” と言います。

“hay” は「干し草」の意味で、元となる植物が主に「ブタクサ “ragweed”」でその「花粉 “pollen” 」が原因であったらしく、解りやすく言えば、”pollen allergy” 「花粉アレルギー」と理解できます。

日本ではもっぱら「スギ花粉 “cedar pollen” 」が原因とされておりますが、この時期、多くの方が「鼻水が止まらない “running nose” 」や「目がかゆい “itchy eyes” 」や「目が充血する “red eyes” 」や「くしゃみが止まらない “sneezing” 」で悩まされることになります。

ところで、木の名称ですが、日本国内のものはその多くが固有種(endemic)であることから頭に”Japanese”が付くのですが、以下の種類程度は覚えておきましょう。

「楓(かえで)」”maple”

「樫(かし)」”oak”

「桐(きり)」”paulownia”

「銀杏(いちょう)」”ginkgo”

「松(まつ)」”pine”

「欅(けやき)」”zelkova”

「柊(ひいらぎ)」”holly”

「檜(ひのき)」”cypress”

「白樺(しらかば)」”white birch”

「紫檀(したん)」”rosewood”

「黒檀(こくたん)」”ebony”