『やまもと英語屋』のメイン・メソッドは「ゲス・ゲーム(Guess Games)」<*当HP「3つの手法」参照>ですが、この ” guessing ” は「推測する」という意味で、所謂、「当てっこゲーム」ということになります。生徒さんが順番に題目に従って頭に思い浮かべた「答え」を英語表現での説明にチャレンジして、他の生徒さんが質問(asking)を用いて深掘りして「答え」を推測して行くという手法です。

この一見単純なゲームではありますが、「英語コミュニケーション」能力の上達には極めて効果的で、表現力の多様化と語彙の習得には最適であると同時に、何よりも、生徒さんの興味の増幅が顕著に表れております。

初期のステージでは、先ずトライして戴く題目は「動物(animal)」と「食べ物(food)」であります。両者を説明する表現を外見や色彩といった単純なものから、種類や生息地等各々の動物特性や特徴の表現、また、味やにおいや料理方法等の食べ物を特定する表現からチャレンジして戴きます。

題目として数十種類の名称を羅列した「ヒント・リスト」を準備します。その中には、明らかに「動物」「食べ物」といったものの外どちらとも捉えられるものを挙げております。例えば、「イカ(squid)」を動物の一種として掘り下げるか食べ物から入るかといった選択もありますし、また、「鷹(hawk)」と「鷲(eagle)」の違いの説明といった場合、前者は「日本のプロ野球チーム名」と表現し後者は「米国の国鳥」と表現することもできます。

題目としては50以上準備しておりまして、「国名」や「文房具」や「キッチン用品」等々・・・究極は、「小説名」や「映画題名」等の英文表記にもチャレンジして戴きます。

で~、今年初めてのオヤジの余談ですが、「ゲスの極み 乙女」というグループ名の英語表記は何だろうと思い調べてみましたが、どうやら、ないようです。「下衆(げす)」を意味する単語はあまたあるのですが、そのほとんどは放送禁止用語に近く、ここはあえて ” rubbish(ゴミ) ” とし ” Height of rubbish – Maiden ” となるのでしょうか?「ゲス」を ” guess ” と捉えれば「想像を絶する乙女」となるのですが・・・

もうひとつ、オヤジギャグですが、「ゲスのゲス」(下衆のGuess)、つまり、「下衆の勘繰り」ですな!